AKM(エーケーエム)

ブランドのはじまり

2006年S/S、「wjk」のラグジュアリーラインとして、「AKM」をスタート。




現junhashimotoデザイナー、橋本淳はセレクトショップのバイヤーを経て、カルペ ディエム(C DIEM)のデザイナー「マウリッツォ アルティエリ」に共感し、単身でイタリアに渡りマウリッツォと共に活動する。



その後、帰国し「wjk」を立ち上げる。



「良いものは変わらない」という考えから、不変のものを創る姿勢がブランドコンセプト。



2006S/S、「wjk」のラグジュアリーラインとして、「AKM」をスタート。



AKMは、レザーを中心に常にクオリティの高いものだけを厳選。



エッジのきいたカッティングデザイン、タイトなシルエットパターンを特徴としており、「孤高のリアルクローズ 」をコンセプトとしている。



アティテュード(姿勢、方向性)は、洋服に対する「希望」そのもの。



2008年、デュベティカとコラボレーションで「AKM×DUVETICA」を発表。ラグジュアリーな雰囲気で、シルエットの美しいタイトなダウンジャケットを発表した。



デザイナーの小澤智弘は2012年に、自身のブランド「ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ(1 piu 1 uguale 3)」をスタートする。



QUATTROでは9年間取扱を続けている歴史あるブランド。



爆発的な人気を誇っていた時期も、



色褪せないものを作る今も、



変わらないいいものを提供してくれる。



これから先の変化が楽しみなブランドです。



春夏は数量限りがあるスーツや素敵なTシャツたくさんありますよ♫



素敵なアイテムたちはリンク先からご覧ください^^

0コメント

  • 1000 / 1000